N1honkai OCEAN League
日本海オセアンリーグ

N1honkai OCEAN League 日本海オセアンリーグ

求む! 挑戦者!
プロ野球独立リーグ“日本海オセアンリーグ”誕生

求む! 挑戦者!
プロ野球独立リーグ
“日本海オセアンリーグ”誕生

Message

日本海オセアンリーグ
発足にあたって

2021年シーズンは、ルートインBCリーグ設立時からあった富山・石川球団に加え、経営者や形態の変化を遂げながら戦ってきた福井・滋賀の西地区エリア4球団の交流を行い、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等、他地区と比べ影響が少なく、円滑に活動を継続することが出来ました。

現在、滋賀県の球団経営を行っているオセアングループは、神奈川県を拠点に活動しており、2020年のヤングリーグ全日本少年硬式野球のグランドチャンピオン大会で優勝した“オセアン横浜ヤング”の青少年育成をはじめ、中核企業の大洋建設株式会社は神奈川県を中心に総合建設会社として横浜スタジアム改修工事、横浜DeNAベイスターズファーム施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」、横浜薬大スタジアムの建設等に携わり、神奈川エリアで野球事業を積極的に行ってまいりました。

そのオセアングループが滋賀県の球団経営に携わることになり、グループ総力をあげて今シーズを戦う中で、選手に対する考え方や地域の根付き方の関東との違いを実感し、本リーグ設立に踏み切りました。

我々、4地区の学生で有望な野球選手は首都圏の学校へ進学する傾向が強く、社会人になってもなかなかふるさとに戻って来ない現状があります。

また昨今の新型コロナウイルス感染拡大による影響により、現地でのファン応援禁止など、地方都市故の新型コロナ観戦ガイドが大幅に厳しくなったことで、今後は“配信事業”に注力をし、新しい生活様式に対応し、ふるさと球団を応援してもらいたい!という思いに至りました。

そこで、2021年シーズンに単独で活動をしておりましたルートインBCリーグ西地区は、発展的に新リーグを形成し、新たな野球の歴史を刻んでまいります。リーグの主な営業活動や配信事業、運営管理に至るまで、配信専用アプリの開発を行う全球団で新会社を立ち上げ運営してまいります。

Thoughts

ロゴに込める想い

日本海オセアンリーグ ロゴ説明

N,O,Lそれぞれの文字にはダイヤモンドを駆け抜けるスピード感・選手たちの強さを、それらを囲む五角形には遠近法を用い、果て無く続く夢への挑戦を讃える気持ちを込めました。
Lから続けて一周することでファン・スタッフ・選手を合わせたチームを表すホームベースを描いています。
唯一カラーにて表現したV字の部分には、永く続いてきた伝統に敬意を持ちながら、新規リーグとして挑戦し、肩を並べ、そしていつかは勝利を手にするという決意を込めて表現致しました。

日本海オセアンリーグ ロゴ説明

Schedule

今後のスケジュール

9/1

リーグ名正式発表

11/1

トライアウト

※順次サイトコンテンツ追加

Information

日本海オセアンリーグ運営者情報

運営会社
オセアン株式会社 
新リーグ運営準備室
住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
横浜ランドマークタワー31階 オセアン株式会社内

Contact

お問い合わせ

※メールアドレスは正しくご入力下さい
※項目は全て必須項目ですので、必ず入力して下さい。

    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容