2022

News

  1. TOP
  2. 新着情報
  3. 日本海オセアンリーグドラフト会議2021について

2021/10/29

日本海オセアンリーグドラフト会議2021について

日本海オセアンリーグではドラフト会議2021について下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

 

 

【ドラフト概要】

日本海オセアンリーグドラフト会議2021は、新人選手獲得のために行われる会議で、 11月3日(水・祝)のトライアウトに応募した選手が対象。日本海オセアンリーグ所属の富山GRNサンダーバーズ、石川ミリオンスターズ、福井ネクサスエレファンツ、オセアン滋賀ブラックスの4球団が参加。
球団が新人選手と契約するためには、ドラフト会議で、契約を希望する選手に対する選手契約締結の交渉権を獲得しなければならない。

 

【開催日】

2021年11月4日(木)

※ドラフトは非公開にて行いますので、ご了承ください。

 

【指名方法】

■完全ウエーバー制

■選手の指名は奇数巡目が本年のBCリーグ西地区の「順位逆順」で行い、偶数巡目が「順位順」で行う。

奇数巡目・・・福井→石川→富山→滋賀

偶数巡目・・・滋賀→富山→石川→福井

■出身地や野球歴などが加盟球団所在地(県)に該当し、地元出身選手と判断される場合、地元球団に「地元枠」として優先指名権が与えられる。

■全球団が「選択終了」となったところで終了。

 

【指名結果発表】

ドラフト会議の結果は指名選手本人へ直接通知するとともに、ニュースリリースおよびリーグ公式ホームページ上の掲示にて発表いたします。

記事一覧に戻る